The Road to Emmaus
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李贺之于六大官配
这就是传说中的:靠谱都是相似的,不靠谱的都是各干各的^^
换句话说,当时间的洪流的命运力量席卷而下,也许这注定要暴露人前的cp们必然的轨迹。
或者,是萌这些cp的家伙们的主流心潮起伏:)

惜许两少年,抽心似春草。——这是青梅竹马的俩小哥开始了

城头日,长向城头住。一日作千年,不须流下去。——这是萌得一塌糊涂

自是桃李树,何患不成蹊?——这是“靠,为啥吵架呢,我为啥不明白呢”(虽然想笑着生活下去,但象这样子哭泣的日子,也会有的吧,一定,即使不想哭泣,还是会哭泣的吧,我的话。)

休洗红,洗多红色浅。——这是被恶心了之后的劝解(若得真情,哀矜勿喜。所谓低调和高调,只是应付命运的不同眼神。)

我当二十不得意,一心愁谢如枯兰。——这是劝解不成后的郁闷

尘世难逢开口笑,菊花须插满头归——这是担待

门前有路轻离别,惟恐归来旧香灭——这是担待累了

吾不识青天高,黄地厚。
唯见月寒日暖,来煎人寿。——小哥最后纠结了一下

当时容颜当时意,莫若双飞道平常——然后就成现在这样了。


(不过,或者更像小攻光猫的心声?XD)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
こんにちは
なるほど~。じゃぁコレはどうですか?
http://www.dvd-synergy.com/4753
【2006/09/05 06:27】 URL | ゆうな #YZdnnNwY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://apriltea.blog41.fc2.com/tb.php/19-d603888a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。